<to Home
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Akila
Akila goods on OVERSTORE
CATEGORIES
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • OVERSTORE @ 原宿DESIGN FESTA GALLERY Report 2010/06/19
    HIROKI (06/30)
  • フルーツは天然のサプリメント!
    サプリ (06/28)
  • tsunagaru-tsunagaruさんにご紹介いただきました!
    Futaba (06/07)
  • フタバフルーツ研究室 vol.3 旅とフルーツ 5/29sat.
    Futaba (06/07)
  • tsunagaru-tsunagaruさんにご紹介いただきました!
    京華 (05/28)
  • フタバフルーツ研究室 vol.3 旅とフルーツ 5/29sat.
    e.m. (05/26)
  • Viva La Fruits TOKYO FRUITS STYLE @ SMOKE Bar & Grill 2010/06/03
    Futaba (05/26)
  • Viva La Fruits TOKYO FRUITS STYLE @ SMOKE Bar & Grill 2010/06/03
    (05/25)
  • Viva La Fruits TOKYO FRUITS STYLE @ SMOKE Bar & Grill 2010/04/01
    (03/31)
  • Viva La Fruits TOKYO FRUITS STYLE @ SMOKE Bar & Grill 2010/04/01
    フタバフルーツ (03/31)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

Futaba blog
東京 中野 都立家政の三代続くフルーツショップのフルーツを通して感じる、日常のさまざまな事や、商店街の事、旬のフルーツの情報などを随時更新!街のお得情報や、おすすめなども発信していきます!
<< 真っ赤なリンゴのオリジナル 紅玉 【フタバフルーツ研究室】 | main | サラブレッド・アップル シナノスウィート 【フタバフルーツ研究室】 >>
千の秋を待ち焦がれて 千秋 【フタバフルーツ研究室】
千秋

千秋は1966年、秋田県果樹試験場(現・秋田県農業水産技術センター果樹試験場)で、東光にふじを交配して産声を上げたリンゴです。1978(昭和53)年に秋田県知事が千秋と名づけ、1980(昭和55)年の登録となりました。
くっきりとした縦じまが走った紅色で、果皮が薄くいのが特徴です。長雨に弱く、薄皮のためか収穫前に割れてしまう事があるので主に半透明の袋(日を遮らないため)をかけ、手間隙をかけて栽培されます。10月上旬から中旬にかけて出荷の最盛期を向かえます。ちょうど今頃ですね!

ところで、「リンゴが赤くなると医者が青くなる」ともいわれるリンゴ。風邪をひいたときのリンゴは何故か一層美味しく感じてしまうものです。その理由は老廃物を排出する作用のあるカリウム、粘膜保護の作用のある食物繊維ペクチン、そして消炎作用が期待できるリンゴ酸です!整腸作用や高血圧を下げる効果も期待できるので、やっぱりお医者さんが青くなるのも納得です!ただしお薬ではないので、食べ過ぎても効果はありません。あくまで毎日1個づつでも美味しく食べ続けることが大事なんです!

現在フタバフルーツで扱っている千秋は山形産です。まさに今が食べごろの千秋。リンゴは保存にむいているので常温でも2週間ほど、冷蔵でしたら3ヶ月ほどとっておけます。ただし、リンゴからは他の食材の熟成を早めるエチレンガスが発生するため、痛んで欲しくない生鮮食品を一緒に保存する場合は気をつけましょう。逆に、バナナやキウイフルーツなどを追熟させたい時は一緒の袋に入れておくと早めに熟して食べられます。
| フタバ フルーツ研究室 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
overdesign
eatrip











http://blog.futaba-fruits.jp/trackback/797947